ものづくりは複雑さの隠蔽

使いやすいモノはなにか? と考え時に、やることが少なくて直感的なインターフェイスを持っていることだと思う。

これは、かの有名な A Philosophy of Software Design の受け入りなのだけれども。

そのため、なにか作品を考えたときに、その作品が価値あるものだと言えるのは、複雑性をシンプルに表現できた時だ。

我々作り手としては自分の頭をつかって、今ある複雑性のなかで、使い手に委ねる部分を極限まで減らし、減らした部分は作品に隠蔽していくことが重要だ。

つまり、良い作品は、複雑な何かを持っているということだ。

昨今、ソフトウェア・エンジニアリングの複雑性が議論されているが、良い風潮だ。

複雑性を持たないソフトウェアは、使い手から考えたときに良い作品だと言えないことが多いからだ。

← Go home